News おしらせ

レポート

研修レポート「窓口接遇おもてなし研修」

窓口接遇おもてなし研修「真のおもてなしとは」(10/12)

先週から始まった都内企業様での「窓口接遇おもてなし研修」が明るく和やかに終わりました。専門講師とタッグを組んで、理論と実践の両面から「おもてなし」マインドの体現を目指しました。

2020のオリンピックイヤーに向け、より一層のお客様へのサービス提供を目指して全社一丸となって取り組まれています。研修には、都内53施設より窓口担当の皆さまが参加してくださいました。

初日は、マニュアルのない「おもてなし」を体現するためのマインドづくりです。「接遇とは」「なぜおもてなしが必要なのか」「おもてなしがうみだすものとは」、答えのない問いと向き合いました。行き過ぎたサービスが相手を不快にさせることもある、、、相手の求めを察し応じる難しさを感じてくださいました。

2日目は実践編です。思いを表現するための姿勢や立ち振る舞い、ケーススタディで様々な事例からの学び合いにこちらも自然と力が入りました。

終了後には「これまでも接遇研修を受けてきたが、一般的なものでしかなかった。現場を見て事情をよく分かった上で指導してもらえることは励みにもなった。」「来る前は気が重かったが、本当に学べて良かった」「今度また現場を見に来てください!」と嬉しいお言葉と素敵な笑顔をいただき、講師も温かい余韻に包まれました。

取り組みはまだ始まったばかりです。ボトムアップとトップダウンで組織の風土づくりと実践に向けて一緒に走らせていただきます。

Category

カテゴリー